弁護士がしてくれる事

弁護士に債権・売掛金回収を依頼すれば相手はそれだけで心理的プレッシャーを感じることもあります。 実際に企業が弁護士依頼するメリットは様々考えることが出来ます。債権・売掛金回収というもののいろいろな方法があり、裁判所を利用せずに任意で回収する方法もあり、法的手段を利用してスピーディな解決を図る方法もあります。

債権・売掛金回収というものの、ケースバイケースでどのような方法を採ればいいか選択することもとても難しい問題です。その時こそ法律の知識を一杯持っているプロフェッショナルにいろいろと相談をしたいものです。経験豊富な弁護士だから、いろいろなケースを知り、その中から一番最適な方法をアドバイスしてもらうことが出来ます。債権にはそれぞれに6ヶ月~10年の時効がありますが、弁護士は、時効の中断の方法についてもアドバイスしてくれるでしょう

企業自身で債権・売掛金回収をしようと思うから段々と感情的になってしまい、相手に対して威圧的になってしまうのかもしれません。 威圧的な姿勢で支払いを迫ったりして、逆に自分の立場が悪くなってしまうこともある程度警戒しなければなりません。督促は今法律によって定められて好き勝手にしていい訳でもないからです。

即バトンタッチ

実際にすぐに法律のプロフェッショナルに依頼しようと言う姿勢によって、今までいい関係だった相手のプライドを傷付けることになるかもしれません。 一番ベストな方法は、取引先との信頼関係を維持したうえ双方の話し合いで解決できることという前提はあり、スピーディーにそれは行われなければなりません。

担当者に電話や面談で事情を確認するということを無視して、弁護士からいきなり督促されてしまえば、相手もやっぱり順番が違うと思ってしまうかもしれません。担当者に電話や面談で事情を確認し、請求書を再発行して催促を行うと言った最小限の企業自身で出来ることをますは行って、かつすみやかに弁護士にバトンタッチしたいものです。

請求書を再発行して催促を行うにしても、ほとんどのケースでは支払いしてもらう可能性は少ないのかもしれません。ただしそれはあくまでも相手のことを気遣ったビジネスマナーと捉えてもいいでしょう。

企業自身で最後宣告をし、つまりそれはその後は弁護士に依頼をするというサインなのです。そのタイムラグは最小限に留めておかなければ、実際に相手企業は他の会社に優先して支払いを済ませてしまう場合もありますし、会社が行き詰まって倒産してしまうかもしれません。

回収は無駄な作業

債権・売掛金回収問題で弁護士にあらかじめ依頼しようというモチベーションが企業に大事なのかもしれません。そのとき、弁護士費用がかかるから自身で出来るという姿勢によって、本来の業務に対しても支障をきたすことになるかもしれません。

企業は敢えて債権・売掛金回収問題を本来の業務とは別の問題と捉えるべきではないでしょうか。債権・売掛金回収に成果を上げたとしても、その社員は偉いと判断するべきではありません。その社員は、債権・売掛金回収を成功させて、更に業績を上げることによってのみ評価されるべきです。ならば、わざわざ自分が好きこのんで債権・売掛金回収をしないという気持ちも生まれてしまうものかもしれません。

だから、企業はやっぱりあれこれ考えずに最初から、弁護士費用はかかることになりますが、「業務と分ける」という意味でも弁護士依頼することが妥当の戦略ではないでしょうか。しかし、弁護士依頼をすることにって今までなんとか無難な関係を維持していたのが悪化させてしまうこともあるかもしれません。まずは弁護士依頼をする以前に当事者間でするべきことはないかということを考える必要もあるかもしれません。しかし、その時間が長引けば回収出来る債権も回収出来なくなってしまうこともあります。

弁護士に依頼する

債権・売掛金回収を弁護士に依頼するケースも最近ではとても増えて来ていると言います。 企業は、日々、債権・売掛金回収という問題と向きあって、なかなか上手く回収出来ないから、本来の業務の方も停滞してしまっているのではないでしょうか。

債権・売掛金回収とは企業にとって本来の仕事ではなく別の問題です。もしも、債権・売掛金回収を成功することが出来たとしても、マイナスだったものがゼロに戻るだけの話しであり、企業の社員が回収したことに大きな満足感を感じているようでは、その企業はなかなか成長する機会のある企業ではないのかもしれません。かと言って債権・売掛金を回収せずにそのまま放置しておけば、企業はそのままマイナスの負担を背負うことになり、なんとかしなければならない課題は残されたままです。そのような無駄とも言える作業こそ、時間を費やさず、すぐに法律のプロフェッショナルに任せるという意識を持つこと出来ないでしょうか。

ただし企業の人たちでも債権・売掛金回収リスクを回避するためにしなければならないことがあります。適切な契約書を交わしておくことによって、そのリスクを最小限に留めることが出来るかもしれません。 相手方の素性を見極めたうえで取引をするというのも大事なことです。

しかし、そのようなことを気をつけていたとしても、企業が成長して行けば、なかなか回避出来ない問題が債権・売掛金のトラブルだったりします。 企業自身が手こずる分だけより回収不可能な債権になってしまうかもしれません。