即バトンタッチ

実際にすぐに法律のプロフェッショナルに依頼しようと言う姿勢によって、今までいい関係だった相手のプライドを傷付けることになるかもしれません。 一番ベストな方法は、取引先との信頼関係を維持したうえ双方の話し合いで解決できることという前提はあり、スピーディーにそれは行われなければなりません。

担当者に電話や面談で事情を確認するということを無視して、弁護士からいきなり督促されてしまえば、相手もやっぱり順番が違うと思ってしまうかもしれません。担当者に電話や面談で事情を確認し、請求書を再発行して催促を行うと言った最小限の企業自身で出来ることをますは行って、かつすみやかに弁護士にバトンタッチしたいものです。

請求書を再発行して催促を行うにしても、ほとんどのケースでは支払いしてもらう可能性は少ないのかもしれません。ただしそれはあくまでも相手のことを気遣ったビジネスマナーと捉えてもいいでしょう。

企業自身で最後宣告をし、つまりそれはその後は弁護士に依頼をするというサインなのです。そのタイムラグは最小限に留めておかなければ、実際に相手企業は他の会社に優先して支払いを済ませてしまう場合もありますし、会社が行き詰まって倒産してしまうかもしれません。