回収は無駄な作業

債権・売掛金回収問題で弁護士にあらかじめ依頼しようというモチベーションが企業に大事なのかもしれません。そのとき、弁護士費用がかかるから自身で出来るという姿勢によって、本来の業務に対しても支障をきたすことになるかもしれません。

企業は敢えて債権・売掛金回収問題を本来の業務とは別の問題と捉えるべきではないでしょうか。債権・売掛金回収に成果を上げたとしても、その社員は偉いと判断するべきではありません。その社員は、債権・売掛金回収を成功させて、更に業績を上げることによってのみ評価されるべきです。ならば、わざわざ自分が好きこのんで債権・売掛金回収をしないという気持ちも生まれてしまうものかもしれません。

だから、企業はやっぱりあれこれ考えずに最初から、弁護士費用はかかることになりますが、「業務と分ける」という意味でも弁護士依頼することが妥当の戦略ではないでしょうか。しかし、弁護士依頼をすることにって今までなんとか無難な関係を維持していたのが悪化させてしまうこともあるかもしれません。まずは弁護士依頼をする以前に当事者間でするべきことはないかということを考える必要もあるかもしれません。しかし、その時間が長引けば回収出来る債権も回収出来なくなってしまうこともあります。